東急リゾートタウン蓼科とワーケーション

別荘オーナー専用サイト

 昨年11月ごろ東急リゾートタウン蓼科にある諸々のサービスを一体と見なすかのような見た目も素敵なウェブサイトに*1となりその名も「もりぐらし」というページ(http://www.tateshina-tokyu.com/)になり、色々なことに取り組んでいく様子を知らせてくれるのですが、この度別荘オーナーのページも晴れて同じ体裁となり、とても見やすくなりました。

www.tateshina-tokyu.com

仕事が早い

 昨年9月に光回線導入の希望調査があったという話は以前も記事にしていました。 

no8.hatenablog.jp

 それから約半年。ウェブサイトのリニューアルを眺めていると、こんな記事が出てきました。

www.tateshina-tokyu.com

f:id:NO-8:20210408173049p:plain

LCVのチラシ

 別荘オーナー向けの郵送物にも同様のお知らせがありましたが、東急が蓼科に資産価値を付けていこうとする姿勢が見えてうれしい限りです。停電も多いとはいえ、導入すればモバイルWi-Fiよりは仕事をしていく上では便利な環境になると思われます。ホテルなどの施設まで光回線が来ていなかったというのは考えづらく、そこまで長大な設備工事を必要としなかったとは思いますが、このスピード感は大変ありがたい話です。ウェブミーティングやクラウドでの仕事をする上で、街の家や仕事場と遜色ない環境の構築が理論上は可能になりました。
 使用感はいずれまたここで報告が出来ればと思います。

www.tateshina-tokyu.com

人気上昇中?

 そんなこんなで新しい生活様式にも対応するタウンの人気はどんなものなのかと、久しぶりに東急リゾートの不動産情報*2を見てみたら、戸建て65件、マンション89件、土地2件*3と以前より1割~2割程度減った物件数となっており、新しい物件もあることから、ここにきて物件の動きが賑やかになってきたようで、流動性が高まっているようです。