食用馬肉の本場

大国屋食肉店

大国屋精肉店 (2021年11月)

アレルギー体質

 我が家で溺愛されている愛犬は、ややアレルギー体質でして、食べるものに気を付ける必要があります。最近検査をしていないのですが、鶏と牛は微妙な値を叩き出し*1食べ物に脂質が多くなってもお腹が緩くなる傾向*2があります。一般的なスーパーなどで買えるものとしては、脂質の少ない豚肉…つまりヒレ肉となります。一応小型犬カテゴリーなので、食費がそれほど高くつくとまではいきませんが、同じタンバク源ばかり食べていると、それに対してアレルギー反応が出始めてしまうという事例もあるということなので、我が家では馬肉や鹿肉*3、鴨*4なども食事に入れる*5ようにしています。

低脂肪高たんぱく、低アレルゲン性なさくら肉

 この中では入手しやすいのは馬肉です。高級食材のイメージがありますが、我が家ではゲンミートの通販を利用していて、お手頃価格で入手できます。

gen-meat.jp

 蛇足ですが街の家には、冷凍肉の大量購入に備えて冷凍庫を購入しました。来るまでは大きいかなと思っていましたが、意外と部屋の中にスッと納まり使い勝手がいいのでお勧めできます。

 というわけで、わりとリーズナブルに馬肉を楽しんでいる我が家の愛犬*6です。しかし、山の家があるのは信州。あくまでも個人的なイメージですが、馬肉の本場と言えば熊本と信州*7です。やはり本場の馬肉を楽しまなければなりません。調べてみると、ベッソー族御用達の肉屋がありました。

大国屋精肉店

 別荘をお持ちの方がお客を招く場合はバーベキューになることが多いようですが、人数と予算を伝えると提案までしてくれるという肉屋さんなようです。場所は、メルヘン街道沿い*8でツルヤとA-COOPのちょうど真ん中あたりでしょうか。見通しは良いのですが、普通に見落としてしまいそうな店舗です。蓼科高原、三井の森のような茅野市の別荘だけでなく原村や立科町までカバーできそうな立地で、ベッソー族御用達なのも頷けます。

大国屋の夏

大国屋精肉店 これは夏の写真

 特に駐車場に入りづらいということもありませんが、お店の入口と思わしき引き戸を開けると、いきなりショーケースがあってそこでの対面販売方式となるので店内には入れません。すき焼き用の馬肉を200グラムなどと店員さんに注文すると、それから肉をカットしてくれるので外でしばらく待つ感じです。何も考えずに開けると、思わず高い買い物になりかねません。逆に言えば、扉さえ開けなければ、メニューを見て退散するなんてことも気軽に出来ます。

yatsugatake-ijyuu.com  ちなみに他のスーパー等と比較すると高くて美味しい肉しか置いていませんが、コストパフォーマンスは悪くないと思います。味に関しては、我が家の愛犬のお墨付きです。なお人間は、この値段の肉を食べるような機材等が山の家に揃っていないため………。今度行ったときは、馬刺し買いたいと思います。メニューを見る限りは、高級バーベキューには最適かと思われます。

大国屋

この引き戸を開けるとショーケースがあって店員さんが「ご注文は?」と聞いてきます

  大国屋精肉店は通販をやってないようなので、愛犬と八ヶ岳山麓と街の生活を楽しむ先輩が愛用する信州・飯田の肉屋さんのリンクを貼っておきます。カンケイナイケドオイシソウ

www.jingisu.com

*1:うちに来た頃はいつもややお腹が緩かったのですが、これが分かるまで時間がかかりました

*2:胃腸が強くないようです…

*3:体温が高めでアレルゲンが少ないそうです

*4:水鳥とニワトリでは種類が大いに違うようです

*5:ドライフードが大半です

*6:この他、神奈川にあるDiaraのジャーキーなどたまに楽しんでいます

*7:会津も入れるべきだという方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで個人のイメージです

*8:国道299号線茅野市湖東新井から佐久穂町までを指すという方もいらっしゃいますが、Googleマップだと、御座石神社を越えたあたりから記述があるので、沿いとしておきます